~働きかけること~

レジリエンスはネガティブな人生経験に打ち勝ち、ストレスに対処し、トラウマから回復するのに必要であるのと同じように、人生の意義を豊かなものにし、他者との関係性を深め、学びや新しい経験を探求し続ける上でも必要なものです。

ジョアンは60代半ばで、家中に14人の孫の写真を誇らしげに飾っている。彼女はときにうまくいかなかったとしても、新しい経験を楽しんでいた。スキューバダイビングも、スキーもサルサダンスも向いていないと分かった。だが、彼女はコンピューターの操作が上達したことを喜び、瞑想教室に通うことを愛し、数年前のアラスカ旅行は素晴らしい冒険だったと感じている。

ジョアンはリスクを恐れない人ではない。実際に、ジョアンはかなり閉鎖的な子ども時代を過ごした。彼女の両親は、戦時中にヨーロッパ系ユダヤ人に起きたことに恐怖を抱き、反ユダヤ主義におびえていたことから、その街での娘の交友関係を仲間のユダヤ人たちの小さなグループに限定した。ジョアンは大学を卒業し、1ヶ月後に結婚するまで同じ家に住んでいた。

「幸い、夫が外国留学のための奨学金の審査に合格したため、私たちはロンドンに引っ越せたのです」とジョアンは語る。「その引っ越しは私の人生を変えました」

ジョアンは、多くのアメリカ系ユダヤ人にとって困難な時代に育った。彼女の両親は、娘を狭い世界に隔離することで保護しようとした。だが、大人になってから、彼女は幸運にも自分の世界を広げる機会を与えられ、それをありがたく受けいれた。彼女は、旅を通して世界中の人々とつながりを持てることを発見し、つながりが大きくなるにつれ、自分自身への自信を持てるようになった。ジョアンは言う。

「大人になってから自分の人生の境界線を押し返す方法を学び、新しいことに挑戦したり、初めての人たちと出会うときにも、安心と信頼を感じるようになりました。それは私にとって容易な道ではありませんでした。始めは不安でしたが、新しいことに取り組んでいるうちに自分に自信をつけることができたのです」

旅することによって、ジョアンと世界とのつながりは深まった。積極的に行動することで、自分がとても深くつながっていると実感できる世界を形作る機会が与えられた。彼女はまた、あらゆる人にとって安全な世界を作ることに自らの人生を捧げた。彼女は人権活動家として活躍し、核兵器に反するデモを催した。現在、彼女は、地雷に対する社会の認識を喚起し、その使用を禁ずるための地方活動をコーディネートしている。

多くの人は、ジョアンのような人はただ幸運で、人生に目的を見つけ、人との親しい関係を築ける能力や向学心が何らかの形で生まれつき備わっているのだと思うでしょう。変わらない性格の一部をほのめかす表現として、「人間関係にむいていない」「根っからの出不精」などといった言葉を何度耳にしたことがあるだろうか?

確かに、少々突っ込まれるような基本的気質の違いは個人差があるものの、劇的な変化を遂げるという可能性は低いです。例えば、内向的な人を社交的に変えるというのはあり得ない話です。しかし、新しいことに挑戦するジョアンの意思は自然に養われたものではなかった。彼女は、人生を意義ある豊かなものにしようと懸命に努力したのです。

人生に働きかける力を構成する核となるものは、意欲とスキルの組み合わせに基づくことが示されてます。皆さんがより一層レジリエントになったと気づいた途端、人生に働きかけることへの関心が生まれるのに気づくことすらあるかもしれません。

 

~続く~

お気軽にお問合せください

お電話でのお問合せ・相談予約

029-352-9388

フォームでのお問合せ・相談予約は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

合同会社Maply

住所

〒311-0105 茨城県那珂市菅谷2361-8

アクセス

JR水郡線中菅谷駅から徒歩14分
駐車場:約10台あり

受付時間

月曜~金曜: 10:00~19:00

土曜 :9:00~18:00

定休日

日曜・祝日

求人情報

お電話でのお問合せ

029-352-9388

フォームでの応募は24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。

保護者様向けに
セミナー開催など
価値ある情報をお届け
しております♪

MAS公式LINE

これまで、心理学を通じて
「心のストレスを軽減するセルフコントロール法」、資産運用のプロによる「お金の話」、大人気ヨガ講師による保護者様へゆとりの時間を提供する「親子ヨガ」、発達障害とうまく向き合う「自分らしく生きるとは?」様々なセミナーを公式LINEより配信!!!
今後も定期的なセミナー情報をお届けします♪